ふくらはぎが、なぜ第二の心臓と言われるのか?

ふくらはぎが、なぜ第二の心臓と言われるのか?

むくみの症状を訴える人の中でも多いのが下半身のむくみです。

 

むくみは、体内の水分が滞って起きます。

 

その水分は、重力の関係で下半身に溜まってしまいます。

 

血液では、実に70%も下半身に集まります。

 

夕方が近づくと、

 

  • 靴がきつくなる。
  • 靴下の跡がつく。
  • 下半身が重くて歩くのが辛い。

 

などといった経験があるはずです。

 

排出されなかった水分が、どんどん下半身に集まり溜まっていきます。

 

それが、むくみの原因なのです。

 

そこで、重要な鍵を握っているのが第二の心臓だと言われていふくらはぎです。

 

心臓は体全体に血液を送り出しています。

 

ポンプのような役目をしているんですね。

 

実は、ふくらはぎにある筋肉も心臓と同じような役目をしています。

 

その筋肉が、下半身に滞りやすい血液をポンプのように体内に循環させる働きをもっています。

 

 

上半身は心臓が、下半身はふくらはぎが血液の流れを担っています。

 

このふくらはぎは下半身のむくみにおいて、とても重要な役目を担っています。

 

屈伸運動やカカトの上げ下げなどをすると分かるんですが、ふくらはぎの筋肉がポンプのように伸縮します。

 

この伸縮運動で、下半身の血液を重力に反して 上半身の心臓まで押し上げる働きがあります。

 

ふくらはぎが、第二の心臓だと言われているゆえんです。

 

関連ページ

低体温? バンビミルクでふくらはぎマッサージ!
現代人の生活環境が低体温を招いています。 低体温は健康リスクが高くなります。
日ごろからむくみ・冷えを遠さけるのも必要
いくら通院しても、根本的な解決にはなりません。 血液が溜まってよどんでいることを改善しないと、不調は次々襲ってきます。
セルライトを解消する3つの方法
太ももにできたセルライト。 いったんできたセルライトは、なかなか解消されません。
第二の心臓ふくらはぎを鍛える!
第二の心臓と言われているふくらはぎも鍛えることができます。 これは単に血行が良くなるとかリンパの流れが良くなるというだけでなく ダイエットにも効果が期待できます。