セルライトを解消する3つの方法

セルライトを解消する3つの方法

ms1

 

太ももにできたセルライト。

 

セルライトができたところを触ると、冷たいんですよね。

 

これは、体の中の循環が悪い証拠です。

 

 

そもそもセルライトとは何でしょうか?

 

カンタンに言うと、大きくなりすぎた皮下脂肪のことです。

 

 

皮下脂肪は、毛細血管のまわりについています。

 

あまりにも脂肪を溜め込みすぎてしまうと、排出されなかった老廃物を溜め込んで大きくなってしまいます。

 

その脂肪が、毛細血管やリンパ管を押しつぶすようにボコボコと大きくなり、結果、セルライトができてしまうのです。

 

ms1

セルライトができる理由は様々ですが、

 

  • 筋肉が少ない
  • 基礎代謝の低下
  • 高カロリーな食事
  • 不規則な生活習慣

 

などがあげられます。

 

このセルライトですが、そのままにしておくと体の中にあるコラーゲンと合体し、どんどん大きくなるんですよ。

 

ここがセルライトの怖いところです。

 

そして、ある程度大きくなると固くなってしまいます。

 

そうなると、ボコボコとした形になってしまうのです。

 

 

落ちにくいセルライトを解消する3つの方法

 

温活

ms1
セルライトができる一番の原因は、体の中の循環が悪いためです。

 

冷えを誘い、体に悪影響を及ぼします。

 

  • 代謝が低くなる
  • 脂肪の燃焼力が低下
  • 老廃物が溜まったまま

 

太ももを触ると冷たい!

 

皮下脂肪が固まって冷えている証拠です。

 

しかし、体を温めることでセルライトを解消することができます。

 

血行を良くなり、結果、代謝を上げ脂肪が燃えやすくなります。

 

 

有酸素運動

 

有酸素運動で筋肉を増やしましょう。

 

有酸素運動は、皮下脂肪を燃焼する働きを持っています。

 

ウォーキングやジョギングなど軽い運動をし、筋肉をつけることで代謝も上がります。

 

運動する時間も無い人は、腹式呼吸がオススメ!

 

 

マッサージ

 

リンパマッサージをして老廃物排出を促しましょう。

 

リンパ管は、毛細血管と同じ皮膚の近くにあります。

 

意外とデリケートな部分なので、温めながらさするように優しくマッサージしてください。

 

力任せにやるのは禁物です。

 

ms1

関連ページ

ふくらはぎが、なぜ第二の心臓と言われるのか?
下半身のむくみ・冷えには、第2の心臓「ふくらはぎ」が大きな役目を担います。
低体温? バンビミルクでふくらはぎマッサージ!
現代人の生活環境が低体温を招いています。 低体温は健康リスクが高くなります。
日ごろからむくみ・冷えを遠さけるのも必要
いくら通院しても、根本的な解決にはなりません。 血液が溜まってよどんでいることを改善しないと、不調は次々襲ってきます。
第二の心臓ふくらはぎを鍛える!
第二の心臓と言われているふくらはぎも鍛えることができます。 これは単に血行が良くなるとかリンパの流れが良くなるというだけでなく ダイエットにも効果が期待できます。