第二の心臓ふくらはぎを鍛える!

第二の心臓ふくらはぎを鍛える!

 

第二の心臓と言われているふくらはぎも鍛えることができます。

 

それがスクワットです。

 

ms1

 

ダイエッターの間でも、実践している人はたくさんいます。

 

スクワットをすることで下半身の筋肉が動きます。

 

特に太ももの筋肉は大きいため重要です。

 

それは、カロリーの消費が大きいからです。

 

もちろん、スクワットをすることで第二の心臓ふくらはぎも鍛えられます。

 

 

下半身全体の筋肉量が増えるため、基礎代謝があがります。

 

これは単に血行が良くなるとかリンパの流れが良くなるというだけでなく、ダイエットにも効果が期待できます。

 

ms1

 

たしかにスクワットはハードです。

 

慣れるまでキツイです。

 

 

続けることが出来るのか心配ですか?

 

でも、お腹周りの脂肪も燃焼してくれるとしたら?

 

やらないなんてもったいないと思いませんか?

ms1

 

そして注意してほしいことがあります。

 

やりすぎて筋肉を傷めないように。

 

真面目にスクワットを続けていれば結果はついて来ます。

 

筋肉を休ませることも重要です。

 

 

そして、痩せられるからといって食事をもとのファーストフードなどに後戻してしまうと意味がありません。

 

いままでの頑張りが水の泡ですからね。

 

 

 

関連ページ

ふくらはぎが、なぜ第二の心臓と言われるのか?
下半身のむくみ・冷えには、第2の心臓「ふくらはぎ」が大きな役目を担います。
低体温? バンビミルクでふくらはぎマッサージ!
現代人の生活環境が低体温を招いています。 低体温は健康リスクが高くなります。
日ごろからむくみ・冷えを遠さけるのも必要
いくら通院しても、根本的な解決にはなりません。 血液が溜まってよどんでいることを改善しないと、不調は次々襲ってきます。
セルライトを解消する3つの方法
太ももにできたセルライト。 いったんできたセルライトは、なかなか解消されません。