低体温? バンビミルクでふくらはぎマッサージ!

低体温? バンビミルクでふくらはぎマッサージ!

ms1

 

現代人はストレス社会です。

 

生活環境もテレビやパソコンの前でじっと坐っている生活がほとんどです。

 

 

また、食生活の変化、特に添加物など多くの化学物質がわたしたちの体を
傷つけています。

 

その結果、体内の血液の流れがよどむことで、体全体の体温が低下します。

 

そう、低体温の体が作られるんですよね。

 

 

今、平熱が36℃を下回っている低体温の方が増加しています。

 

わたしたち人間の体は、体温が1℃下がると免疫力が30%、代謝が10%以上下がります。

 

今までと同じものを、食べたり飲んだりしているのに太りやすくなるんです。

 

 

なぜかというと、低体温によって内臓など体のあちこちに溜まった水分が、さらに冷えを呼び込みます。

 

この悪循環が水毒です。

 

そして、恐ろしいことが起こります。

 

体のあちこちに溜まった水分は、むくみ・下半身デブなどを招きます。

 

また、余分な水分は、鼻水・尿・涙などに変わり体外に出されます。

 

しかし、あまりにも水分が多くなると、高血圧・頭痛・めまいのほか次々と
病気を引き寄せます。

 

 

免疫力が30%下がることで、病気を発症するリスクが高まります。

 

ms1

 

そのため、30代の比較的若い年齢の方でも脳梗塞や心筋梗塞などを
招きやすくなります。

 

 

そればかりか、血液と同様に代謝も悪くなるんですね。

 

むくんだり肥満になったり、肌の調子も・・・。

 

 

老けるのも速いですよ。

 

 

そこでオススメしたいのがふくらはぎマッサージです。

 

 

ところで、あなたのふくらはぎは手の平より温かいですか?

 

それとも、冷たいですか?

 

 

ふくらはぎの状態で分かることがあります。

 

ふくらはぎが温かいと高血圧冷たいと冷え性・腎臓病など病気を知らせてくれることもあります。

 

 

足首からヒザ裏へ向けて、痛いけど気持ちいいぐらいの力でマッサージしましょう。

 

仕事中でもテレビを見ながらでも、気軽にふくらはぎを揉みましょう。

 

ms1

 

スリミング効果でダイエットにもなり、一石二鳥です。

 

 

マッサージの後は、たっぷり水分を補給してください。

 

水分を含んだサラサラな血液を体全体に循環させましょう♪

 

ms1

関連ページ

ふくらはぎが、なぜ第二の心臓と言われるのか?
下半身のむくみ・冷えには、第2の心臓「ふくらはぎ」が大きな役目を担います。
日ごろからむくみ・冷えを遠さけるのも必要
いくら通院しても、根本的な解決にはなりません。 血液が溜まってよどんでいることを改善しないと、不調は次々襲ってきます。
セルライトを解消する3つの方法
太ももにできたセルライト。 いったんできたセルライトは、なかなか解消されません。
第二の心臓ふくらはぎを鍛える!
第二の心臓と言われているふくらはぎも鍛えることができます。 これは単に血行が良くなるとかリンパの流れが良くなるというだけでなく ダイエットにも効果が期待できます。