バンビミルクの使い方

 

わたしが、どのようにバンビミルクを使ってるのか紹介しますね。

 

 

まず、バンビミルクを適量手に取ります。

 

適量っても分かりませんよね。

 

わたしは、最初ビー球ぐらいの量を使っています。

 

 

最初にマッサージする箇所はふくらはぎ

 

やはり、第2の心臓と言われるふくらはぎが一番スリミング効果が期待できるからです♪

 

 

でも、適量って分かりませんよね。

 

わたしは、最初ビー球ぐらいの量から始めています。

 

ms1

 

両手で、ふくらはぎを包み込むような形とります。

 

そして、足首からヒザのほうへゆっくりマッサージします。

 

 

揉みながらクリームをすり込むように強めに押し上げます。

 

すこし、手がだるくなるくらいの力加減で。

 

 

たまにふくらはぎ全体を摘んでは離すを繰り返します。

 

とくに指のはらに力を入れて。

 

 

パンパンに張っていたふくらはぎが、どんどん細くなるような感じがして、とても気持ちがいいです♪

 

 

次に太もも。

 

ms1

 

ヒザから、太ももの付け根に向かってマッサージしていきます。

 

とくに太ももは、セルライトがつきやすいのでしっかり行います。

 

 

この段階になると、マッサージしている手がだるくなります。

 

手のだるさが元に戻るまで、こんなストレッチを実行しています。

 

エア自転車をこいでます。

 

ms1

 

 

最後に腕。

 

ms1

 

手首から、腕の付け根にむけてマッサージします。

 

片方の手のひらで手首をにぎり、そのままの状態で肩のほうへ。

 

ここでもミルキング・アクション

 

腕全体で乳しぼりをしているようなイメージですね。

 

 

マッサージしているほうの手がだるくなるので、左右のマッサージを交互に行います。

 

 

腕のマッサージをしているころには、血行が良くなったのか体が温かくなっています。

 

眠るころには、マッサージした足や腕がクリームの成分の影響でホカホカしてきます。

 

 

 

冷え性の方には、オススメです。

 

 

ぐっすり眠れますから♪

 

だから、朝の目覚めがスッキリ!

 

参考になったら幸いです。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

関連ページ

バンビミルクを塗ると副作用が心配?
飲用するサプリメントやドリンクほどのリスクは無いにしても、やはり体に直接塗るクリームなので気になりますよね。
わたしが、あきらめずに続けられた理由
バンビミルクは、スリミング効果を高め、むくみ・冷えの解消につながります。